事業案内 | 横浜市・川崎市で内装・水回りリフォームをするなら【大工のふじい】

  • TEL:080-6059-0212
  • お問い合わせ
事業案内

今を見直し、よりよい暮らしづくりを支援する

当社は『Naosstec(ナオステック)加盟店』です。
「Naoss」とは「New Architecture of Synchronous Solutions」の略で、住環境メンテナンスシステム改革のことを指しています。

ここには「暮らしを見つめる中で発見するさまざまなニーズや課題を、一度に解決する新たな仕組みを、技術・経験・対話を通じて構築する」という想いが込められています。

3つの「直す/正す」

  • ・既存の仕組みを直し、常に最善を求め続ける「仕組みを直す」
  • ・リフォームやVOC(揮発性有機化合物)対策で、お住まいの環境改善を行う「環境を直す」
  • ・規制や既得権益に挑み、業界構造の改革に取り組む「業界構造を正す(なおす)」
「今のお住まいに対して不満や不安がある方」、また「もっと住みよくしたいとお考えの方」、ぜひ大工のふじいまでご相談ください。
大工工事に精通したプロとして、皆さまの住環境改善のサポートをいたします。

住宅に関するお悩みごと

こんなお悩み御座いませんか?

  • 1.ドアが開け閉めしにくい
  • 2.電気、コンセントを増設したい(ダウンライトに変更したい)
  • 3.階段に手すりを取り付けたい
  • 4.網戸、襖の張り替え など

住宅に関する些細なお悩みごとから承っております。
「建具の取り付けが悪い」「ドアノブがゆるんでいる」など、長く生活をしていると、住宅にはさまざまな不具合が出てくるもの。

些細なことのようですが、傷みが軽度な時にしっかりと直しておくのが一番です。
後々大きな修繕が必要となってしまうと、工期もコストも比較になりません。

当社はリフォーム事業を営む施工会社ですが、ご相談・ご対応はそのような些細なことから承っております。
決して住環境を整えるのが大規模な工事だけだと思わないでください。
わたしたちはいわば「住まいのお医者さん」。皆さまの家と暮らしを守る施工店なのですから。

内装リフォーム

こんなお悩み御座いませんか?

  • 1.お部屋のイメージを一新したい
  • 2.収納スペースを増やしたい
  • 3.経年劣化により痛みが目立つようになった
  • 4.消臭、調湿、防汚クロスなど、壁紙に機能性を持たせたいなど

内装リフォームには、『クロス張り替え』『床材張り替え』、『間仕切り変更』『収納スペースの増設』など様々な種類があります。
リフォームを行う理由はさまざまですが、主に「クロスや床材に傷みがある」、「ちょっと雰囲気を変えたいからリフォームする」というように、
内装リフォームは空間のイメージや劣化箇所を修繕するのに最適です。

比較的小さな傷みであれば適切な補修で直る場合もありますが、劣化が進み、大きな修繕が必要になってしまうと、それこそ一新した方がいい場合も出てきますので、少し気になるという段階で一度チェックしたほうがいいでしょう。

  • クロスの張替え

  • 床材の張替え

  • 間仕切り変更

  • 収納スペースの増設

水回りリフォーム

こんなお悩み御座いませんか?

  • 1.調理スペースを広くしたい
  • 2.トイレを一新しキレイにしたい
  • 3.お風呂場の機能性を充実させたい
  • 4.水回りの水漏れが発生した

ご家庭の中でも、水回り設備は毎日使用する箇所。
そのため目に見える劣化がなくとも、下地や配管の劣化が進んでいる可能性があります。

皆さまのご家庭にある水回り設備に足りないものは何でしょうか。
それを解決するために、どんな機能が必要でしょうか。

あれもこれもと詰め込んでしまうと、費用ばかりがかかってしまいます。
優先順位を明確に、ご家族全員が使いやすい空間をリフォームで手に入れましょう。

  • キッチンリフォーム

  • トイレリフォーム

  • バスリフォーム

  • 洗面所リフォーム

外装リフォーム

こんなお悩み御座いませんか?

  • 1.外壁を触ると手に白い粉がつく(チョーキング)
  • 2.細かいヒビが壁に入っている(クラック)
  • 3.カビやコケが繁殖している、汚れている
  • 4.塗膜が剥がれている など

リフォームというと住まいの内側ばかりに目がいってしまいがちですが、建物の外側にも目を向けてみましょう。
外壁・屋根に施されている塗装の主な役割は「防水性の確保」です。
これは雨に負けない建物を維持するために、必ず行わなければいけない工事です。

どんなおしゃれな建物も塗装が施されています。
塗膜の劣化は雨漏りの原因となってしまいますので、定期的に塗膜の状態をチェックし、劣化があれば塗り替えを行いましょう。
ただセルフチェックは自ら行っていただくと危険なため、まずは当社までご依頼ください。

屋根葺き替え工事とは?

塗膜に劣化があれば塗装で解決できることがほとんどですが、下地や内部まで劣化が進行している場合はさらに大規模な修繕工事が必要となってしまいます。
屋根葺き替え工事とは、そんな時に行われる工事です。

既存の屋根を一新させ、真新しい状態に生まれ変わらせる工事なので、内部に及んだ劣化から新築同様に一新できるので、築年数が古い建物にもオススメ。
大切なことは、やはり定期的なメンテナンス。
昭和56年以前の瓦屋根であれば、助成金の対象となることもありますのでご相談ください。

シーリング工事とは?

外壁の目地やサッシの隙間などに施されているゴム状の詰め物をシーリング材といいます。
これは雨水の侵入を防ぐために必要な防水工事。
また地震などの建物にかかる負荷を軽減してくれるものとして役立ちます。

主に外壁で状態を確認できますが、シーリング材が痩せていたり隙間が空いている場合は注意が必要です。
空いた隙間から直接雨水が侵入してしまうため、内部の腐食や雨漏りに繋がってしまいます。
建物の症状に合わせてご提案させていただきますので、まずは症状とご要望をお聞かせください。

増改築

こんなお悩み御座いませんか?

  • 1.外隣接する部屋をなくしてリビングを広げたい
  • 2.将来の子供のために、部屋の増築をしたい
  • 3.間取り変更も含めて、和モダンな空間にしたい など

『増築』とは床面積を増やす工事のこと。
そして『改築』とは床面積をそのままに、間取りの変更を伴う工事のことです。
家の構造をガラリと変えてしまう工事になるので、ライフスタイルに変化があった時や、新しい暮らしを営みたいという時にいかがでしょうか。

また地震大国である日本。
増改築工事を行う際は、この「耐震性」について深く考えなければいけません。
建物の構造部に大きく関わる増改築だからこそ正確な知識を備え、技術力に長けた私たちにぜひご相談ください。

「今までの暮らしを見つめ、住まいを見直す。」
もし現状、住まいにそんな想いがあるのであれば、増改築工事のよきタイミングなのかもしれませんね。

ウッドデッキ

こんなお悩み御座いませんか?

  • 1.外隣接する部屋をなくしてリビングを広げたい
  • 2.将来の子供のために、部屋の増築をしたい
  • 3.間取り変更も含めて、和モダンな空間にしたい など

ウッドデッキは「外のリビング」ともいわれます。
その名が示す通り、ウッドデッキでの憩いの時間は、部屋の外にいながらまるで室内にいるような落ち着きあるもの。
その使い方はご家庭の数だけあるでしょう。

休日に家族団欒を過ごす憩いの空間として。
広々としたウッドデッキに簡単なテーブルとチェアを置き、午後のティータイムを満喫。
趣味の読書やお昼寝する空間として。ご近所の方とお庭で過ごすお食事の時間に。

皆さまであればどんな使い方をしたいですか?
そしてその空間でどんな時間を過ごしてみたいですか?

天然木

天然木の魅力は何といっても、木材ひとつひとつが生み出す木目の美しさや木々の香り。
経年で色味に変化が起きるのも、味わい深いものがあります。

そんな天然木は繊細な素材のため、メンテナンスをしっかり行わなければ傷みも早いもの。
ステイン系塗料による約3年ごとの塗り替えは必須で、白アリを呼び寄せないための防水施工も必ず行いましょう。
日当たりの良し悪しでも傷み方が変わってきますので、メンテナンスでお困りの際はお気軽にご相談ください。

人工木

対して人工木はメンテナンスに手間がかかりません。
天然木のように腐食しないため、シロアリを呼び寄せることもないでしょう。
塗膜の塗り替えも必要ないため、手軽にウッドデッキを楽しみたい方にオススメできますが、直射日光でデッキが熱されると天然木より高温になりやすいため、「裸足でのんびりくつろぎたい」とお考えであれば天然木の方がよいかもしれません。